“日帰りでも大満足”海老名から大人のショートトリップ
海老名から「相鉄・JR直通線」で都心へ!

相鉄線が海老名駅とJR新宿駅を繋ぐ相互直通運転を開始して1年が経ちました。今回は海老名から「相鉄・JR直通線」を利用して、武蔵小杉や恵比寿で、“美味しい!”と“おしゃれ!”を満喫するショートトリップに出かけます。

「暮らしのおしゃれ心を磨くアンティークとインテリア雑貨巡り」

今回のリポーターは、小田急線沿線在住の雨野千晴さんと加藤あさひさん。インテリアに興味のあるお二人がおしゃれスポットを巡るショートトリップです。

【ルート】
海老名駅から武蔵小杉駅まで(相鉄本線〜JR埼京線直通・39分)
武蔵小杉駅から恵比寿駅まで(相鉄本線〜JR埼京線直通・14分)
恵比寿駅から新宿駅まで(相鉄本線〜JR埼京線直通・8分)
新宿駅から海老名駅まで(ロマンスカー・43分)
*所要時間は停車時間状況により異なる場合があります。

11:23 海老名駅から武蔵小杉駅へ向かい相鉄線に乗車(相鉄・JR直通線)

雨野千晴
(以下:雨野)

海老名駅周辺の開発が進んでいてどんどん便利になっていくね。相鉄線も海老名駅とJR新宿駅を繋ぐ相互直通運転を開始したし。

加藤あさひ
(以下:加藤)

そうそう。でも新宿だったら小田急線の方が安くて早いよね。

雨野

うん。でもね、おしゃれスポットの恵比寿には乗り換えなく行けるこのルートの方が早いのよ。

加藤

なるほど。では雨野さんに今日はついていきます!

雨野

任せて〜!「インテリア」をテーマに、行ってみたかったお店を一緒に巡りましょう。

12:02 武蔵小杉駅到着

雨野

恵比寿に行く前に、武蔵小杉に美味しくて有名なカレー屋さんがあると聞いたからそこでランチしよう。

加藤

下調べありがとう。ワクワク!

雨野

あそこに見えるモニュメントは武蔵小杉駅の写真によく出てくるけど、JR海老名駅の設計デザインにも携わっていたアーティストの作品なんだとか。

加藤

へぇ。なんかシンパシーを感じるね。

雨野

「KOSUGI CURRY」に到着!

店長
奥村佑子氏
(以下:奥村)

看板メニューの「濃すぎチキンカレー」に加えて、果物や野菜ベースの「深すぎヨーロピアン」、それからタイカレーを日本人好みにアレンジした「旨すぎ和ジアンカレー」というのが3大人気ですね。「ヨーロピアン」「和ジアン」はリピーターの方たちが飽きないように週替わりで具材を変えています。あとは「濃すぎスパイシーキーマ」と2週間ごとに内容が変わる「創作カレー」もありますよ。

雨野

わ、迷いますね~。せっかくだから私は3種類選べる「トリプルゥ」いっちゃおうかな。

加藤

じゃあ、私は思い切って「コスギチキンカレーDX」。温玉に焼きチーズが乗って、綺麗なオレンジ色はチェダーチーズなのね。かなりのボリューム。

上:トリプルゥ(和ジアン・チキン・キーマ)
下:コスギチキンカレーDX

雨野

いただきま~す。チキンカレーは水を使っていないというだけあって濃厚ですが優しい味ですね。和ジアンも確かにタイカレーだけれど食べやすい。キーマも味わえて、これはお得感ありありですねえ。

加藤

デラックスも温玉とチーズの掛け合わせがなんとも贅沢。

奥村

2011年からお店を始めましたが、創作し続けて、週替わりカレーは300種類近くになりました。

加藤

ほんとだ!サイト内のカレーギャラリーを見たらカレー魂が伝わってきます。

雨野

最初は三輪自転車で、移動カレー屋スタイルだったと聞きました。

奥村

そうなんです。店舗での営業もスタートしておかげさまで定着しましたね。このエリアでカレーフェスティバルもやり続けてきました。

加藤

町おこし的な役割もなさっているんですね。カレーって、年齢関係なく好きな人が多いし、不思議な魅力がありますよね。

雨野

1種類のカレールーに単にトッピングを増やすのではなく、アイデアと自分の味覚でしっかり作り込んでいらっしゃる奥深さに感動しました。途中下車してよかった!

13:03 武蔵小杉駅から恵比寿駅へ(相鉄・JR直通線)
13:27 恵比寿駅到着

雨野

さて、お腹を満たしたところで恵比寿へ移動。恵比寿はアンティークのお店が多いのよね。まずは恵比寿で35年以上続く老舗、「GENIO ANTICA(ジェニオアンティカ)」へ。

加藤

文房具類やミニボトルや玩具やら、店内のワクワク感がすごい!

雨野

イギリスのアンティークがメインなんだって。

加藤

よくここまで集められたなあ。店主の情熱が伝わってくるね。

雨野

かわいいバスケットがあるよ。雑誌とか出しっぱなしになりがちなものをとりあえずザザッと入れたら、片付いた感がでるし、リビングのアクセントにもなっていいかも。(笑)

加藤

確かに!

雨野

次はアメリカ、フランス、イギリスを中心に買い付けたものが多い「mu・mu(ムームー)」です。

加藤

また違ったテイストね。

雨野

このクロス欲しいなあ。リネン類は綺麗に洗って整えてあるから、古いものでも清潔感があっていいな。

加藤

アンティークのお店はそういう心配りがあると嬉しいね。

雨野

あ、こっちには珍しいリボンやボタンもあるから、チクチク好きにはたまらないだろうね。

加藤

ランプシェードもあるんだ。照明を変えてみるのも家の雰囲気が変わって楽しいんじゃない。

雨野

これだけ豊富だと1日中いても飽きないね。

加藤

しかも、ここにいるとヨーロッパを旅している気分も味わえる感じだわ。

雨野

次はザ・フランスっぽいお店「Torico-lore(トリコロール)」へ。ここは、漫画家の稚野鳥子さんがやっているお店なんだって。

加藤

路地を入るとこのショーウィンドウが見えて、フランスに来たみたい。

雨野

ロマンティックな雰囲気ですね。

スタッフ

オーナーと渡仏のたびにレースやドールなどを集めてきました。でも、元はオーナーが惚れ込んだホーローたちがコレクションのスタートなんですよ

雨野

ハンドペイントのニュアンスがきちんとしすぎていなくて味わい深いですね。

スタッフ

アンティークというより、どちらかというとブロカントと言われる生活骨董になります。

雨野

玄関の鍵入れや、花器にしたり、今の暮らしにも気軽に取り入れられそうなアイテムもありますね。

加藤

なるほど。何も昔のままの使い方をしなくてもいいんだもんね。

雨野

どこもそれぞれに見応えがあって楽しかったね。

加藤

お国柄で結構テイストが違うものなのね。

雨野

最後のお店は大人気の雑貨屋さん「Farmer’s Table(ファーマーズテーブル)」よ。

加藤

古い建物の中にあるのね。見逃してしまいそう。

雨野

ふふふ。そしてエレベーター無しのこの階段が。

加藤

ま、まだ上がるの?

雨野

と、思う時にこの看板。休憩の椅子まで置いてあって、にくいよね〜。

加藤

わあ、お店の中は広いのね。

雨野

ここはアンティークショップではなく、店主がこだわり抜いた生活雑貨が置かれているお店で、手仕事の作家ものの企画も定期的にやっていて刺激的なの。

加藤

器やシャツとか日常的なものだけど、さりげなく一味違いがある感じが魅力的だね。

雨野

ああ、小樽でガラス器を作っていた頃が蘇るな。平家に住んでこんなふうに、ゆったりとした空間の中に手作りのものを普段使いで置くのが夢だったのよね〜。(笑)

加藤

こういうお店に来ると、暮らし方をもう少し見直そうという気持ちになるわ。心にゆとりを持たないといけないな。(笑)

雨野

ずいぶん歩いたから休憩しましょ。インテリアが個性的でチェックしていたカフェなの。

加藤

「ark PRIVATE LOUNGE」名前通り、隠れ家的ね。駅から近いのにね。

雨野

一軒家で1階に隠れスタンドバー、2階は工業系な雰囲気のインテリア、ここ3階はクラシック調なんだって。

加藤

アンティークと今の家具のミックス感がおしゃれ。

雨野

まとめて作品風に額を掛けているのとか、植物の飾り方とかも参考になるね。

加藤

ねえねえ、トイレの壁紙見た?可愛かった!鳥が飛んでいるようにオブジェも合わせて。トイレでも楽しい空間にできるってことだね。

雨野

今日、いろいろ巡りながら、インテリアっていかに好きなものを厳選して、空間を大切にするかということを感じたわ。

16:37 恵比寿駅から新宿駅へ(相鉄・JR直通線)
16:45 新宿駅到着

雨野

最後は新宿からロマンスカーで帰るコースです。

加藤

ということは、小田急百貨店のデパ地下で軽食を買って、車中で1杯ですね。(笑)

雨野

ロマンスカーで海老名まで40分くらいというのが、締めにちょうどいい感じよね。(笑)

二人

テンション上がって目移りしちゃう〜。

17:20 新宿駅から海老名駅へ(ロマンスカー)

雨野

ではでは、今日も楽しく過ごせたことに乾杯しましょうか。

加藤

千晴さん、素敵なコースをありがとう!

目移りしながら選んだ生麩田楽、鯵寿司、ゆずいなり

18:03 海老名駅到着

二人

縁遠くなっていた恵比寿界隈が行きやすくなったことを実感。やっぱり時々都会の空気を感じたり、実物を見て刺激を受けたりすることは大事ですね。(笑) こだわりのお店巡りで感性が豊かになった1日でした!

ルートマップ

プロフィール

雨野千晴さん(右)

雨野千晴さん(右)

ADHDライター・講師・漫画家。想いが伝わる文章、発信講座主宰
あつぎごちゃまぜフェス実行委員長・NPO法人ハイテンションスタッフ・『学び合い』神奈川の会事務局

加藤あさひさん(左)

レインボーかたつむりインストラクター

店舗情報

■コスギカレー

■GENIO ANTICA

■mu・mu

■Torico-lore

■Farmer's Table

■ark PRIVATE LOUNGE

■小田急百貨店新宿店


おすすめレポート

 開発の進む海老名に残る農園は代々受け継いできた土地祖母・母・息子の3世代で大切に守る

2021.08.25

開発の進む海老名に残る農園は代々受け継いできた土地...
海老名の新名所「ロマンスカーミュージアム」が2021年4月19日オープン!

2021.06.15

海老名の新名所「ロマンスカーミュージアム」が2021年4月19日オープン!...
 「レンブラントホテル海老名」の朝食ビュッフェから始まる朝。地元の食材で力をつけて有意義な1日を過ごして欲しい、そんな思いのこもった地産地消のメニューが並びます。

2021.04.12

地元食材と海老名の酒 「いづみ橋」を日本一おいしく愉しむレストラン。...
 「レンブラントホテル海老名」の朝食ビュッフェから始まる朝。地元の食材で力をつけて有意義な1日を過ごして欲しい、そんな思いのこもった地産地消のメニューが並びます。

2021.03.25

「レンブラントホテル海老名」の朝食ビュッフェから始まる朝。...

2021.03.08

発展する海老名の街で古くから親しまれる隠れた名店を紹介!変わりゆく海老名で、...

2021.02.24

「海老名から綾瀬に向かうバス通りを外れ、海老名市国分寺台の住宅街に溶け込むのは、...
“半日でも大満足”海老名界隈、大人のショートトリップ 海老名から「相鉄・JR直通線」で都心へ!

2020.12.25

“半日でも大満足”海老名界隈、大人のショートトリップ 海老名か...
“半日でも大満足”海老名界隈、大人のショートトリップ 海老名からロマンスカーで箱根へ!

2020.10.30

“半日でも大満足”海老名界隈、大人のショートトリップ 海老名か...
「子どもも大人ものびのび暮らす」を探したら、海老名にたどり着きました

2020.09.23

「子どもも大人ものびのび暮らす」を探したら、海老名にたどり...
建築士とサッカーコーチの二刀流!

2020.09.10

海老名市内で建築士としてリモートワークをしながら、地元のサッ...
子どもたちと未来の海老名の街をつくろう!アートワークイベントが開催

2020.02.28

ViNA GARDENSでは「憩う・くらす・育む」をコンセプトに2025...
ミライカイギvo5後半

2020.01.30

「ミライを語るコトバ」をつくっていこう!と、理想の街を描きながら...
ミライカイギvo4

2020.01.20

理想の暮らしを語り合うだけでなく、その実現を後押しするパワフルな言葉...
“半日でも大満足”海老名界隈、大人のショートトリップ 今日の気分は海!車で大磯へGO!

2019.12.10

"半日でも大満足”海老名界隈、大人のショートトリップ 今日の気分は海!...

リーフィアタワー海老名ブリスコート 小田急電鉄 ViNA WALK
ビナガーデンズスペシャル対談 ビナガーデンズテラスオープン 小田急ポイントカード

PAGE TOP