ー 家族で楽しめる「小田急ファミリー鉄道展 2018」

家族で楽しめる「小田急ファミリー鉄道展 2018」

晴天に恵まれた2018年10月20日(土)・21日(日)、毎年恒例の「小田急ファミリー鉄道展 2018」が開催されました。普段は入れない海老名電車基地内での車両展示や、運転体験、鉄道やバスグッズの販売など、家族で楽しめる企画が盛りだくさん。なんと、2日間で約3万5千人の方が来場したそうです。今回は大盛況だった会場の様子を、写真と一緒にお届けします。

大迫力の車両展示

小田急ファミリー鉄道展で最も人気なのは、海老名電車基地内の一部を開放した車両の展示コーナーです。普段は入れない線路を歩きながら、間近で電車を見学できる貴重な体験。今年は、2018年7月に定期運行を終了した、特急ロマンスカー・LSE(7000形)の最後の展示となり、多くの方がその姿をカメラに収めていました。ほかにも、さまざまな保守作業車の展示や、保守作業員さんが直々に工具や架線の仕組みを解説するコーナーなどが用意され、電車運行を支える仕事のあれこれが分かります。

光のうきわ(イメージ)

最後の展示となった「特急ロマンスカー・LSE(7000形)」の周りには、カメラを構える多くのファンが。

パフォーマー(イメージ)

普段は見ることができない保線機械の実演に興味津々。

さまざまな保守作業車がズラリとならぶ姿は圧巻!

さまざまな保守作業車がズラリとならぶ姿は圧巻!

保守作業員さんが、道具の使い方などをやさしく教えてくれます。

保守作業員さんが、道具の使い方などをやさしく教えてくれます。

人気の乗務員体験

現役の運転士さんや車掌さんが先生になる「なりきり乗務員 みんなで出発進行!」も大人気。運転のポイントなどを楽しく学べる座学コーナーもあり、参加した子どもたちもみんなニコニコ。特急ロマンスカー・LSE(7000形)など、本物の機器を使ったシミュレーターも用意されていました。また、年齢制限のない「整備士といっしょに機器体験!」では、小さな子どもたちが一生懸命車内アナウンスや行先種別表示などを操作する姿も。

現役の運転士さんが、シミュレーターを使って運転を教えてくれる人気コーナー。

現役の運転士さんが、シミュレーターを使って運転を教えてくれる人気コーナー。

運転士さんや車掌さんが笑顔でお出迎え。

運転士さんや車掌さんが笑顔でお出迎え。

車掌さんのお仕事も体験できます。

車掌さんのお仕事も体験できます。

本物の行き先表示板やマイクにも、自由に触れました。

本物の行き先表示板やマイクにも、自由に触れました。

特急ロマンスカー・LSEの特設コーナー

こちらは、特急ロマンスカー・LSE(7000形)の引退を記念した特設コーナー。メッセージボードには、多くの方がLSEへの想いを書きつづっていました。解体したLSEの部品をリメイクしたチェアやテーブルなども展示。さらにグッズコーナーでは、LSE引退記念として、マフラータオルやキーホルダーなどが販売されていました。

ボードには、ファンからの温かいメッセージが書き込まれています。

ボードには、ファンからの温かいメッセージが書き込まれています。

LSEの部品をリメイクした、高級感あふれるチェアやテーブル。

LSEの部品をリメイクした、高級感あふれるチェアやテーブル。

鉄道模型やキッズコーナーも充実

第2会場となったビナウォークと海老名中央公園も参加者でいっぱい。バス各社のグッズコーナーや、特急ロマンスカー・GSE(70000形)のミニトレインやエアートランポリン(ふわふわ)、ステージ、鉄道模型の走行会など、鉄道展らしい出し物がずらりと並びます。注目は小田急電鉄の社員による鉄道模型サークル「小田急鉄道倶楽部」のNゲージ運転会。現役の運転士さんや車掌さん、駅員さんが繰り広げる本職ならではの鉄道トークは必見です。

軽快なトークで盛り上がる「小田急鉄道倶楽部」のNゲージ運転会。

軽快なトークで盛り上がる「小田急鉄道倶楽部」のNゲージ運転会。

イベントスペースでは「集まれ鉄道ファン!女子鉄トークショー&ミニライブ」などが行われました。

イベントスペースでは「集まれ鉄道ファン!女子鉄トークショー&ミニライブ」などが行われました。

子どもたちが熱心に見つめる中、鉄道模型が走り抜けます。

子どもたちが熱心に見つめる中、鉄道模型が走り抜けます。

GSEのミニトレインも大人気。子どもたちを乗せて出発進行!!

GSEのミニトレインも大人気。子どもたちを乗せて出発進行!!

その他のViNA GARDENS 情報はこちら

ViNA GARDENS
レポート一覧に戻る

リーフィアタワー海老名アクロスコート 小田急電鉄 ViNA WALK
ビナガーデンズスペシャル対談 ビナガーデンズテラスオープン 小田急ポイントカード

PAGE TOP